白石警察署トップページ > 振り込め詐欺を防止しましょう

振り込め詐欺を防止しましょう
平成27年中の特殊詐欺被害の状況  
特殊詐欺とは
 面識のない不特定多数の者に対し、電話等を用いて、対面することなく相手をだまし、現金を交付させる詐欺です。
 オレオレ詐欺や架空請求詐欺、還付金詐欺等の詐欺をまとめて特殊詐欺と言います。
 
平成27年中、道内における特殊詐欺の
 認知件数は 275 件
 被害総額は 約9億3,000万円
でした。
特に高齢者(65歳以上)の方々の被害が約7割を占めています。
  被害に遭わないためには 
    ・ 家族で頻繁に連絡を取り合う 
    ・ 家族で詐欺の手口等について話す
   
・ 町内会活動などを通じた高齢者の見守り活動による声かけなど、家族や地域の絆を深める 
などが有効です。  
 お金を要求する電話があった時には、すぐに、家族や警察に相談しましょう。 
 
 
特殊詐欺の種類について
  ↑ボタンをクリックすると、それぞれのページへ移動します。

被害にあわないために
現金を「送る」「手渡す」「振込む」前に、相談しましょう。 
  家族や、警察(#9110)等に電話をして下さい。
詐欺の手口に関心を持ちましょう。
  「私は大丈夫!」そういうあなたが騙されます。
留守番電話の活用をしましょう。 
 在宅時も留守番電話に設定することで、犯人と直接会話をしないため、被害を防げます。
電話防犯機器の設置しましょう。
通話内容を自動録音する電話防犯機器の活用をすることで被害防止につながります。 
 


普段から、家族で連絡を取りあって絆を深め、詐欺被害に遭わないように気をつけましょう。



トップページへ戻ります。