白石警察署トップページ > 交通事故に遭わないために

〜 交通事故に遭わないために 〜
交通課のご案内しろいしくんのイラスト
 白石警察署交通情報
 北海道飲酒運転の根絶に関する条例 飲酒運転を止めるしろいしくんのイラスト
 
 交通事故防止に向けたお願い(PDF:64KB)
 
 白石区冬季スリップ事故多発危険ロードマップ(画像ファイル:1245KB)
 
 白石交通安全情報
 
 11月の交通安全活動
 
  ・「ひまわりの絆プロジェクト」の実施について
    ・広がる「ひまわりの絆」の実施について
 
 駐車監視員活動ガイドライン
 
 白石警察署の速度取締指針
 
 交通事故の要注意日(平成29年12月)
 
 交通事故速報 
 
 交通事故統計及び概況(平成29年11月末現在)
 
 交通窓口業務(免許証の記載事項変更・車庫証明・道路使用許可申請について) 
 
高齢運転者等専用駐車区間制度について
   
(別画面で道警ホームページへジャンプします。)
 
高齢運転者講習予備検査について
  (別画面で道警ホームページへジャンプします。)

 交通課では交通安全施策の企画・実施、運転免許、車庫証明、道路使用などに関する各種申請の受理や、交通規制に関すること、交通違反の取締りに関することなどを担当しています。
 また、日々発生する交通事故の受理や捜査、悪質な犯罪であるひき逃げ事件の捜査、その他交通事故を背景に発生する各種の犯罪捜査も担当しています。
 

交通誘導するしろいしくんのイラスト交通事故の当事者とならないために…
 交通事故は、当事者のみならず周囲の関係者にもいろいろな影響を与えることがあります。
 みずからが悲惨な交通事故の当事者にならないために次の点に注意して常に交通安全に努めて下さい。
 
【車を運転する方へ】
車の速度が高ければ高いほど交通事故の結果は重大になります
スピードは控えめにして安全運転を励行しましょう〜
事故の際、シートベルトを着用していたら命が助かったケースもあります。
シートベルトはあなたの命を守る命綱です。必ず着用しましょう〜
【歩行者・自転車の方へ】
道路横断は大きな危険を伴います。
〜遠回りでも安全のため、横断歩道や自転車横断帯を横断しましょう〜
夜間は車からあなたの姿が見えていないかもしれません。
〜歩行者は夜間でも目立つ服装にしましょう〜
〜また、衣類や持ち物、靴などに
夜光反射材を貼付しましょう〜
〜自転車は必ずライトを点灯して走行しましょう〜
交通事故に遭ったら…骨折したしろいしくんのイラスト
 交通事故が発生したときは、その軽重にかかわらず警察に届出することが道路交通法により義務づけられています。
【物件交通事故の場合】
車が走行できる程度の損傷で事故の状況がはっきりしている場合は、当事者がそろって最寄りの交番または警察署に届出をして下さい。
車が走行できないほど破損している場合、当事者間で話が食い違う場合、その他警察官の臨場が必要な場合などは、110番などで事故があったことを通報して下さい。警察官が現場に向かいます。
 【負傷者がいる場合】
まず負傷者の救護が第一です。
必要な場合は救急車を要請してから警察に通報しましょう。
【届出に際しての注意事項】
届出は、事故発生後すみやかに行って下さい。
軽微な事故であっても、届出が何日も後になると事故証明を出すことができない場合があります。
物件事故で届け出た場合で、後日けがをしていることがわかった場合は、医師の診断を受けて警察署に再度連絡して下さい。
トップページへ戻ります。