白石警察署トップページ > 防災への意識を高めましょう

防災への意識を高めましょう
〜 災害に 備えて安心 我が家の防災 〜
 災害は、いつ、どこで、どのように発生するかわかりません。
 突然やってくる災害から身を守るために、普段から災害に対する備えをしっかりと持つことが大切です。
● 避難場所を確認する 避難場所の確認
 避難場所は、大地震などの災害が起きた時、家屋の倒壊や、火災などの危険から身を守るための場所です。

白石区内の避難場所一覧(別ウインドウで開きます)
広域避難場所標識 こっちが
広域避難場所
の標識だよ
北海道警察シンボルのほくとくんのイラスト こっちが
収容避難場所
の標識だよ
一般避難場所標識
● 地震が発生したら・・・
揺れを感じたら、机や食卓テーブルなどの下に身を隠しましょう。
地震が発生したら机の下などへ 
座布団や毛布などで頭を保護しましょう。
安全な脱出口を確認しましょう。
 
外に逃げるときは落ち着いて行動しましょう。
ガスの元栓を締め、火の始末をしましょう。
 
持ち物は必要最小限にしましょう。 
安全な脱出経路へ落ち着いて行動
なるべく徒歩で避難しましょう。
狭い路地や塀ぎわ、崖や川べりには近寄らないでください。
老人や病人の避難には、お互い協力し合いましょう。
ラジオなどで正しい情報を確認しましょう。
車のイラストもしも車を運転していたら…
 
あわてずに車を道路の左側に止めてください。
ラジオ、テレビなどで地震情報、被害情報、道路情報を確認して行動してください。
車は、できるだけ道路以外の場所に移動して駐車してください。
やむを得ず道路に駐車したまま避難する時は、道路の左側に寄せて、エンジンを止め、窓を閉め、エンジンキーをつけたままにして、ドアロックはしないでください。
通行止めなどの交通規制が行われている時は、現場の警察官、道路管理者の指示に従って行動してください。
 
● 日頃からの備え
家族や近所の人と災害時の連絡方法や落ち合う場所を確認しておきましょう。 震災への日頃からの備え 
非常持ち出し品をチェックしましょう。(クリックするとチェックリストが表示されます。)
家具などの転倒や荷物の落下防止措置を講じておきましょう。 
消火器や消火用水の用意や使用方法を確認しておきましょう。
避難場所、避難経路を確認しておきましょう。
防災訓練へ積極的に参加しましょう。
トップページへ戻ります。