本文へスキップ

トップページ > 交通事故の要注意日

TEL. 011-814-0110

〒003-0803 札幌市白石区菊水3条5丁目4番2号

交通事故の要注意日

 統計上、過去の交通死亡事故発生日及び発生日に近接する日に交通死亡事故が再び発生する傾向があるため、過去5年間に交通死亡事故が発生した日と近接する前後2日間を
”交通事故の要注意日”(デンジャラスデイ)
として、皆さんに交通事故防止を呼びかけています。
 白石警察署では、平成29年6月8日に自転車被害の交通死亡事故1件が発生しており、、事故発生の近接日を含めると、5日間が交通事故の要注意日となります。

【6月】デンジャラスデイカレンダー
                                                     
 月  火  水  木  金  土
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

(注) カレンダーの赤色の日が事故発生日、黄色の日が事故発 生の前後日を表しています。
(注) カレンダーの事故発生日(赤色の日)をクリックすると、 事故の概要を確認することができます。


          「      
・ 日中の時間帯も長くなり、輸送繁忙に伴う車両の増加と、本格的な自転車・歩行者の活動期に入り交通事故の多発が懸念されます。交通量が少なくなる夜間は、実勢速度が上昇することに伴い危険の発見が遅れがちになります。特に郊外では、「直前速度」が高い事故が多く、大きな事故を招く結果となります。
・ 夜間走行は「ハイビーム」が基本です。「ロービーム」で明瞭に歩行者等を確認できる距離は約30メートルが限界です。時速40㎞/h程度の速度で走行していても、「気づいた時にはもう遅い」という結果になりがちです。ロービーム」は「他の車両と行き違う場合」、また「他の車両等の直後を進行する場合」で、かつ「他の車両等の交通を妨げるおそれがあるとき」に限られた例外的処置として規定されているものです。          運転者は、路面状況に応じた安全な速度で走行し、危険を感じた場合には直ちに止まれるようにしましょう。
・ 交差点の右左折時は必ず横断歩道上の安全確認をしましょう。信号機のない横断歩道に歩行者がいる場合は必ず止まりましょう。